FC2ブログ
第84次保養 8日目&クラウドファンディングのお願い
- 2017/12/30(Sat) -
福島へ向けて、元気いっぱい出発!!


今日も朝から元気いっぱい!!
起きてから開口一番、「お腹空いたっ!!」といって、朝からもりもりご飯を食べました。

午前中は、応援してくださった支援者のみなさんは、お礼のお手紙を書きました。
「どうやったら伝わるかな~」頭を悩ませながら、真剣に書いてくれていました。
素晴らしいお手紙が、たくさんありましたので後日紹介したいと思います。

IMG_5762_R.jpg



その後は、年末大そうじ!
次の85次保養のお友達のために、子ども達が一生懸命掃除してくれました。
その働きぶりに、スタッフもびっくり!
荷物の運び出しや、布団ほし、窓ふきまで。

「何かやることありますか?」
と自分から声をかけてくれる子ども達もたくさんいました。

IMG_5763_R.jpg

IMG_5765_R.jpg

IMG_5768_R.jpg

IMG_5777_R.jpg

IMG_5770_R.jpg

IMG_5759.jpg

IMG_5774_R.jpg


次のそうじ場所について、作戦会議中だそうです。

見る見るうちに、球美の里がピカピカになりました。
みんなのおかげで、年越しができそうです。

本当にありがとう!

いよいよ出発のとき。
大好きなボランティアさんともここでお別れです。
朝から晩まで、あたたかく子ども達のことを見守って下さいました。
本当にありがとうございました。

84-insta①

全員元気いっぱい、出発しました!
支援して頂いたみなさまのおかげで、無事に第84次保養を終了することができました。

応援してくれた、全国、海外のみなさま、そして、お世話になった久米島のみなさん、ボランティアのみなさん、
本当にありがとうございました。

また、この場を借りてみなさまにお願いしたいことがあります。

今、球美の里の甲状腺検診機器は老朽化により
使えなくなり、一時的に借りたものを使っています。
新たな検診機器購入のためのクラウドファンディングを
実施中です。情報拡散にご協力ください。

無題


◆プロジェクトページ◆ https://readyfor.jp/projects/kuminosatomed

<プロジェクト概要>

こんにちは。福島の子どもの保養施設「沖縄・球美の里」の理事長・向井雪子です。

弊団体では震災翌年の2012年より、福島原発事故の放射能汚染地域の子どもたちを対象に、
放射能の心配なく自然豊かな沖縄の離島、久米島での自然体験や食養を目的とした保養プログラムを実施しています。
国内外から善意の募金をいただくなか、これまでに年間14〜18回のペースで行ってきた当プログラムは、
2017年11月までの累計で全82回。子ども2808名、同伴保護者が716名、合計3524名が参加されました。

福島では、未だに放射線量の高い地域(特に公園や、山・川などの自然環境)が残り、
子どもたちは「行ってはダメ」「触ってはダメ」「食べてはダメ」というさまざまな制約の中で暮らさざるを得ない状況です。
自然の中で遊ぶことで学習し、免疫力をつけ、ストレスを発散し、健全な発達をする……
家庭の事情などで汚染地域から引っ越しすることができない子どもたちはこうした自然体験が奪われています。

現在、福島で2年に1度のペースで行われる子どもたちの甲状腺検査。
私たちは2年に1度の検査では不十分と考え、参加する子どもたちに甲状腺検査を実施してきました。
しかし、残念ながら当初の検査機器は老朽化し、現在は一時的に検査機器をお借りして実施している状況です。
子どもは大人よりも被曝するペースが早く、がんを発症した際の進行も早いと言われています。
どうか、新しい甲状腺検査機器購入のために皆さまのお力をお貸しください。

みなさまのご支援、ご協力、よろしくお願い致します。

次回の学童保養は、1月3日~10日の予定です。





この記事のURL | 日記 | TB(0) | ▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://kuminosato.blog.fc2.com/tb.php/1079-4678660c
| メイン |