くみのさとごはん
- 2013/08/20(Tue) -
そういえば、みんなが食べているご飯をアップしていませんでしたので、ここでいくつかアップしますね。

R0018381.jpg
・熊本産の玄米入りご飯
・熊本に移住した音楽家ウンチャカのヤヨブーさんが送ってくれたたくさんの野菜の中から大きなトマト
・久米島のオクラの和え物
・5月にボランティアさんと島のお母さんが海で穫ってきて塩漬け保存してあるモズクと淡路島の玉ねぎと沖縄産ニンジンのかき揚げ、久米島赤鶏牧場の卵のかき玉汁。

モズクのかき揚げは子どもたちに大人気!

2013081818320000.jpg
・熊本のヤヨブーさんが送ってくれた里芋のスープ・久米島のニンニク入り
・久米島赤鶏牧場のチキン(泡盛をつくったあとのタイ米の搾りかすを食べて育ってます)の照り焼き
・ボランティアさんが送ってくれたナスとピーマンの炒め物。

チキンのおかわりはあっという間になくなりました(^^;)

R0018375.jpg
・春に穫れた久米島のアオサのりと島豆腐のお吸い物
・お麩とたまねぎとにんじんと卵のふーちゃんぷる〜
・久米島きゅうりの和え物。

タンパク質たっぷりのお麩をお肉と間違える子もいました。

お味噌は久米島のたいらの無添加お味噌、その他、醤油などの調味料は自然醗酵の無添加、白いお砂糖は一切使わず、キビ糖や黒糖を使ってます。そしてキッチンの島のお母さんたちの愛情いっぱい。だから美味しい(^^)

R0018376.jpg
赤鶏牧場さんのたまごが届いたよ〜

R0018377.jpg
夏の久米島は甘〜いパイナップルが収穫できます。いい匂い!
こちらも子どもたちに大人気です(^^)

これらの食材は、全国のみなさまからのご寄付と寄付金でまかなっています。

沖縄には模合(もあい)といって、定期的に会合をしてお金を集めて誰かのために役立てるという文化があるのですが、そのひとつ、沖縄本島の『ひなの会』のみなさん(代表:川村早苗さん)からは、先日、福島の子どもたちのため、久米島の食材の購入に充ててくださいとたくさんのご寄付もいただきました。読谷村にお住まいの我如古カメさん(108歳)は毎月200円ずつご寄付下さっており、ご家族で支援をしてくださっています。そのような方々にも支えられていると思うと、心から感謝せずにはいられません。

子どもたちは球美の里で元気いっぱいに過ごしています。
アトピーの子も、日に日に皮膚がきれいになってきています。

全国の球美の里を支えてくださっている皆様、ほんとうにありがとうございます。
スポンサーサイト
この記事のURL | 未分類 | TB(0) | ▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://kuminosato.blog.fc2.com/tb.php/299-cd00a07d
| メイン |