36次保養6日目
- 2014/12/29(Mon) -
今日は一日中久米島で過ごす、最後の日です。
盛りだくさんのアクティビティーの様子をお伝えします!


まずはシーサー作りです★
指導をしてくださるやちむんさんは、バスの送迎もしてくださり、一週間を通して大変お世話になってきました。
そのやちむん土炎房さんで、色づけと粘土細工の2つから選択して活動しました!

a
こちらはシーサーに色づけするグループの皆さんです。

DSCN8624_R.jpg


こちらは粘土をこねて形成しています。
目や耳を大きく作りすぎると、重みで口がつぶれてしまうことろが大変だったそうです。

DSCN8623_R.jpg


とっても上手にできました!

DSCN8630_R.jpg

色付けのシーサーはお土産にお持ち帰りで、形成のシーサーは、1か月後くらいに郵送されるそうです。
楽しみですね!



お昼ごはんは、お待ちかねのBBQ!

IMG_6901_R_201412292210375f9.jpg

お肉、野菜、焼きそば、そしてエビ!!
おなかいっぱいいただきました♪


午後はお土産を買いに出発です。
久米島の名物みそクッキーや塩、沖縄の美味しいものをたっくさん買ってきましたよ!
沖縄の伝統的な染物の琉球びんがたは、女の子に人気でした。
どんなお土産が届くか、ご家族の皆様、お楽しみになさってくださいね。


DSCN8655_R_2014122920084222a.jpg

その後はスーツケースに荷物を詰める、パッキング競争でした!
どの部屋がいちばんはやく帰る準備ができるか?!
みんな協力して、一気に片付きました。


そして夜は、お別れ会です。

IMG_6910_R.jpg
有志発表では、最年少の女の子がピアノを発表してくれました。



続いては写真クラブのメンバーが滞在中に撮った写真のお披露目です。

IMG_6918_R.jpg

みんな大爆笑!何の写真を見てるのでしょうか?


続いてはボランティアスタッフによる三線の演奏と歌です。

IMG_6950_R.jpg

沖縄語(うちなーぐち)の歌の合間に、島のお母さんのキッチンスタッフが歌詞の意味を添えました。


お次は、ボランティアのディジュリドゥ(オーストラリアの先住民の楽器)演奏です。

IMG_6980_R.jpg

ボエーという独特な音に、みんなびっくり。興味深々でした!


ボウルやバケツを使った演奏では、音にあわせて「ひょっとこ」が登場!
会場をおおいに沸かせました!

IMG_7008_R.jpg


最後はやっぱり沖縄らしく三線の演奏に合わせて、みんな「かちゃーしー」を踊りました。





明日の朝は福島に向けていつもより早起きして出発します。
暖かい沖縄から冬の福島へ。
風邪をひかないように気をつけて帰ります。
今回は感染症が広がることもなく、全員元気で、すでに就寝しています。

ここに来て感じたこと、友達になった人、経験できたこと。
全てを持ち帰って、福島でまた元気に生活して欲しいですね!
スポンサーサイト
この記事のURL | 未分類 | TB(0) | ▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://kuminosato.blog.fc2.com/tb.php/539-defd7cb0
| メイン |