第57次保養 5日目
- 2016/05/05(Thu) -
保養5日目。

保養期間もそろそろ中盤です。
球美の里の屋根に巣を作っている小鳥の雛の声も、この保養の間にだいぶ大きくなりました。
親鳥も、子育てに大忙しです。

4-2_R.jpg

さて、午前中は畳石ビーチに行き、磯の生き物観察をしました。
最初に、インタープリター(自然と人との仲介となる人のこと)の小川さんに、生き物の特徴や注意点を教えてもらいました。

5-1_R.jpg

「カニが脱皮した殻は、とても珍しいんです」という先生の言葉に、目を輝かせる子どもたち・・・

5-2_R.jpg

「ウニは岩の下に隠れているんだね」「この貝、石から離れないからまだ生きてる」などなど、観察を通して、生き物に詳しくなっていきます。

5-3_R.jpg

「こんなにつかまえたよ!」
カニの殻は今回見つからなかったのですが、赤ちゃんカニはたくさん見つけました。
最後はもちろん、海に放してあげました。次に久米島に来たときも、会えるように・・・。

5-4_R.jpg

磯の向こうは大海原です。波の音が響きます。

5-5_R.jpg

大きな声や音を立てると、小さい生き物は驚いて隠れてしまうので、静かに動くのがコツです。

5-6_R.jpg

「こわくないよ、さわってごらん」。見て聞いて触れて、身体をいっぱい使って、発見を楽しみます。
小川さんは、数歩進むたびに色々見つけては、子どもたちに生き物について教えてくれました。
本当にありがとうございました!

午後は、医師の藤田先生が来て下さり、甲状腺検診を行いました。

DSCF8065.jpg

5-17_R.jpg

皆、お部屋にある絵やぬいぐるみを見ながら、お行儀よく待っていてくれました。
待ち時間の間、子どもたちは思い思いに遊びます。

5-9_R.jpg

ボール遊び、サーキット遊びの他、蝶を捕まえたり、カタツムリの殻を集めたり・・・
特にカタツムリの殻をたくさん見つけるのは、まさに球美の里ならではの楽しみですね。

子どもたちは、心から自然を楽しんでいます。先日行った登武那覇(とぅんなは)園地では、風の強い高原に綺麗な山百合が咲いていました。そこで、とっても素敵な楽しみ方をしているお友達がいました。

5-7_R.jpg

子どもたちが大好きな岩山ゾーン。ここでのかくれんぼは、冒険心をくすぐります。

5-15_R.jpg

5-16_R.jpg

おや?小学生のお姉さん達が中心になって、皆で何かを作っています。何が出来るんだろう・・・
最終日のお楽しみです。

5-11_R.jpg


今日のおやつは、昨日に引き続き、ママカフェを開催!
小学生のお姉さん達が、今日もウェイトレスとして大活躍です。「いらっしゃいませ!」

5-12_R.jpg

メニュー表もウェイトレスさんの手作りです。とても可愛くて上手ですね。

5-13_R.jpg

今日のおやつはチンビンという、沖縄のおやつです。
厨房のネーネー(おねえさん)いわく、「とっても簡単に作れて、みーんな大好きなおやつ」。もちもちして優しい甘さで、幸せいっぱいです。お皿にひいてあるのは、月桃(げっとう)という葉っぱで、お茶にもなります。(球美の里の食堂にも、月桃茶がおいてあります。とても美味しいですよ!)。グラスに生けてあるのは、月桃の花です。

5-14_R.jpg

生け花を習っていたお友達が、グラスにお花を生けて、飾ってくれました!
とても豪華になりました。綺麗な花を見ながらとても美味しいチンビンを食べ、満ち足りた時間が流れます。

「もうすぐ夕ご飯だから、帰りますよ~」という声で、食堂には自然と人が集まります。
ご飯までの時間に、折り紙を始めた子どもたち。

5-11 (3)_R

いつのまにか、折り紙大会に!

5-11 (4)_R

ご飯の後はお絵かき大会でした。他にはチェス大会やけん玉トーナメント、お手玉講習などなど・・・。

5-11 (2)_R

こうしたささやかだけれど、素敵なイベントが、球美の里では毎日起きています。
球美の里は今日も、自然も人も笑顔も時間も、とっても豊かな一日でした。

明日はフリーデーです。小学生のお友達はホタル館に、母子参加のご家族は、自由に島を散策できる日です。
どんな発見が待っているのか、今から楽しみです。









スポンサーサイト
この記事のURL | 未分類 | TB(0) | ▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://kuminosato.blog.fc2.com/tb.php/782-73f96608
| メイン |