第68次保養 3日目
- 2017/01/03(Tue) -
今日は、午前中は、甲状腺検診でした。
球美の里では、希望すれば、お医者さんによる甲状腺検診を受けることができます。
今回は、久米島病院の藤田先生が来てくださいました。
趣味は、マラソンと沖縄三線、いつもニコニコ笑顔で、とても優しい先生です。
子ども達も落ち着いて検診を受けることができました。 先生、ありがとうございました。




DSCN3195.jpg


女子は、検診が終わった後、グループにわかれてバーデハウスへ。
久米島の海洋深層水を使った温水プールでリラックス。
とっても気持ちよかったそうです。
image_20170103194655487.jpeg


今日の天気は、曇りときどき雨。
ただ、子ども達は、そんなのおかまいなしです。
検診が終わると、元気よく外に飛び出していきました。
ピラミッドで遊んだり、館内でお友達と遊んだり。
昨日のお餅つきのお礼の年賀状を書いてくれた子もいました。
可愛いですね。


DSCN3206.jpg

DSCN3196.jpg

DSCN3190.jpg



そして、午後は、待ちに待った海へ!
近くの畳石というところへ、磯の生き物観察に行きました。
久米島の生き物博士・インタープリターの小川先生が、色々な貝や生き物たちの説明をしてくれます。
インタープリターとは、自然と人間との仲介者いう意味です。

磯に行くと、ちょうど潮が引き始めたころ。
ヤドカリや、ナマコ、ヒトデ・・・色々な生き物たちが、観察できました。
「これは何だろ?」「小川せんせーいっ!!」とあちこちで、子ども達の歓声が聞こえます。
足元がぬれるのも、おかまいなし!ざぶざぶ海に入っては、夢中で生き物たちを探していました。

小川先生、本当にありがとうございました。

DSCN3229.jpg

DSCN3246.jpg

DSCN3248.jpg
DSCN3257.jpg

DSCN3265.jpg

DSCN3275.jpg

DSCN3278.jpg

DSCN3292_20170103194634dfd.jpg

DSCN3244.jpg



そして、午後にはもう1つプログラムが。
今回ボランティアに来てくれた、タワンさんによるスライドショーです。
タワンさんは、タイ出身のアーティストであり、画家で、ずっと球美の里を応援してくれています。
海外での個展の合間をぬって、ボランティアで、球美の里に来てくれました。

まずは、子ども達にタイのことを知ってほしいと、写真で紹介。
子ども達は、違う国の文化に、興味津々、楽しそうに聞いていました。
後日、絵のワークショップも行う予定とのこと。楽しみです。

DSCN3209.jpg

DSCN3153.jpg



そして、なんと、今日、お誕生日を迎えた子がいました。
夕食のときに、サプライズで、みんなでお誕生日の歌を歌いました。
11歳、おめでとう!!お友達にお祝いしてもらって、とってもうれしそうでした。

その後は、みんなで楽しく夕食を頂きました。
今日もたっぷり遊んだから、ご飯が美味しいね。
「くわっちーさびたん!!」
DSCN3298.jpg

DSCN3302.jpg

DSCN3303.jpg

DSCN3305.jpg


明日は、午前中はシーサーづくりと、フラダンス教室。
午後は、近くの教会の子ども達との交流会、その後ママカフェの予定です。
明日も楽しいことが、たくさんです。いっぱいお友達ができるといいな。




スポンサーサイト
この記事のURL | 日記 | TB(0) | ▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://kuminosato.blog.fc2.com/tb.php/880-518c58b1
| メイン |